1分アンケート

エイジングケア・育毛ケア【医師監修】女性の育毛剤とは 役割や選び方を解説

監修:AGAスキンクリニック レディース院
診療顧問 田中洋平医師
更新日:2021年04月27日

【医師監修】女性の育毛剤とは 役割や選び方を解説

以前と比べて髪のハリやコシがなくなっていたり、抜け毛が増えてきたりしていることに気づいたら、多くの方がまず育毛剤の使用を考えると思います。ただ、ドラッグストアや通販サイトでやみくもに購入するのはおすすめできません。どのような目的で用いるのかはっきりさせる必要があり、そのためには現状をきちんと理解することが大切です。以下では女性の育毛剤の選ぶために考慮すべきいくつかのポイントをご説明いたします。

無料まずは医師に直接相談できる「髪の健康診断」から

髪の健康診断 セルフチェック

女性の育毛剤の役割

女性の育毛剤の役割は以下の2つのポイントに集約されます。それは「抜け毛を抑制すること」と「髪が育ちやすい頭皮環境を整える」です。

女性用育毛剤と男性用育毛剤の違い

女性と男性では薄毛や抜け毛の原因が異なるため、それに対するアプローチも違います。男性の典型的な脱毛症はAGA(男性型脱毛症)であり、原因は男性ホルモンであるテストステロンから5αリダクターゼという酵素によって変換されたテジヒドロテストステロン(DHT)です。そして、このDHTが男性ホルモンレセプターと結合して脱毛因子TGF-βが増加し、正常なヘアサイクルを阻害するといわれています。そのため、多くの男性用育毛剤にはAGAの根本原因ともいえる5αリダクターゼを抑制する成分が配合されています。また女性に比べて皮脂が多いため、それを抑制する目的もあります。

これに対して、女性の薄毛や脱毛は体内の男性ホルモンが直接増加して引き起こされるわけではありません。また男性が頭部の生え際や頭頂部など部分的に薄毛になるのに対して、女性の場合は頭部全体が薄くなり、ボリュームダウンするケースが多いです。そのため、女性の育毛剤は頭皮環境を整えることや、髪の成長を促進する女性ホルモンを活性化することを主な目的にしています。

女性の薄毛の原因とは?

女性の薄毛の原因とは?

自分に合った適切な育毛剤を選ぶためには、薄毛の原因を知ることから始めましょう。以下に代表的な原因を挙げますが、このうち1つが原因というよりも、いくつもの要素が複合的に絡み合って薄毛を引き起こしている場合が多いようです。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランス、つまり女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが崩れるとヘアサイクルが乱れ、薄毛の原因になります。女性の体内にも男性の1/20~1/10くらいの男性ホルモンが分泌されています。この分泌量が直接増加するわけではなく、さまざまな原因で女性ホルモンの分泌量が減少することにより、相対的に男性ホルモンの分泌割合量が増えて薄毛が引き起こされるのです。女性ホルモンの分泌が減る代表的な原因としては妊娠・出産があります。また、閉経や不規則な生活習慣によってもホルモンバランスは乱れると考えられています。

頭皮環境の悪化

シャンプーやトリートメント、スタイリング剤が頭皮に付着したままだと頭皮に負担をかけ、髪の成長を阻害することになります。頭皮を清潔に保とうとシャンプーしすぎるのも良くありませんし、すすぎ残しも頭皮環境を悪化させます。また、ファンデーションの塗りすぎが前髪部分の頭皮の毛穴をふさぐこともあります。

食事のバランスの乱れによる栄養不足

髪の成長に欠かせない栄養として、タンパク質があります。髪の「材料」ともいえますが、肉や魚など動物性たんぱく質を摂取しすぎると、脂質も同時に取り入れることになり、頭皮環境が乱れてしまいます。コンビニ弁当、スナック菓子などの食べ過ぎも脂質の増加につながります。加えて、髪の主成分であるケラチンの生成には亜鉛も必要です。さらに、ビタミンB2とB6は代謝をサポートし、髪の生成を促しますし、ビタミンEも頭皮への栄養供給を高めてくれます。しかし、食事だけでこれらの栄養素をバランスよく取り入れることは簡単なことではありません。

女性の育毛剤の選び方

女性の育毛剤の選び方

以上、原因を把握した上で適切な育毛剤を選ぶことになります。いくつかのポイントを説明します。

原因に適した育毛剤を選ぶ

前述したように、薄毛の原因はさまざまです。例えば、年齢ゆえに薄毛がすでに進行し始めており、その原因が女性ホルモン分泌の減少であると考えられるなら、ホルモン分泌を改善する成分が含まれたものを選ぶとよいでしょう。しかし、頭皮のべたつきが気になったり、かゆみがあったりする場合はまずは頭皮環境を整える育毛剤から始めてみるのもひとつの方法です。

自分にあった有効成分のある育毛剤を選ぶ

原因を見極めたうえで上で自分にあった有効成分が含まれているか確認します。頭皮が乾燥しやすい、カサカサしていると感じるなら保湿成分であるヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンなどの成分をチェックします。また頭皮の血行促進を目的とするなら、センブリエキスやアデノシンなどが配合されているものを選ぶとよいでしょう。

頭皮への負担が少ない育毛剤を選ぶ

女性の頭皮は敏感なため、女性用育毛剤は男性用育毛剤に比べて肌に与える刺激を抑えてあります。パッケージなどで「香料・着色料不使用」または、「ノンアルコール」なのか確認をしましょう。

使い続けやすい価格の育毛剤を選ぶ

育毛剤を使用し始めてから、頭皮環境が正常に戻るまでは長い時間がかかります。育毛剤を1本使い終えたからといって、すぐに育毛を実感できるわけではありません。長期的に使い続けられるどうかを考えて、家計にやさしい価格の育毛剤を選びましょう。

無料まずは医師に直接相談できる「髪の健康診断」から

髪の健康診断 セルフチェック

AGAスキンクリニックレディース院で受けられる治療について

薄毛の原因をセルフケアするのには限界があります。もし、使い始めた育毛剤で納得出来ない場合は、AGAスキンクリニックレディース院に足を運んでみてください。当院では専門医が医学的根拠に基づいた治療を行っています。育毛剤としてパントガールや、オリジナル発毛薬の処方などそれぞれの症状に合わせた治療法をご提案いたします。

薄毛が気になったら専門のクリニックで相談しよう

薄毛は人に相談しにくい悩みですが早めに対処することが大切です。市販の育毛剤ではなかなか目に見える作用を実感できないのが現状です。ぜひ専門のクリニックにご相談ください。

Summaryまとめ
女性の薄毛の原因はさまざまで、適していない育毛剤を利用してしまうと効果を得られない、または悪化させてしまう恐れがあります。薄毛の原因や頭皮環境に沿った育毛剤を選ぶ必要がありますが、自身で原因を見極めるのはなかなか難しいものです。
薄毛が気になったらまずクリニックや病院を受診し、原因を理解したうえで今後の治療方法を決めましょう。

この記事の監修医師

AGAスキンクリニック レディース院 診療顧問田中洋平医師

【資格】
日本形成外科学会専門医
医学博士(信州大学)
【所属学会】
国際形成外科学会会員
日本美容外科学会会員
日本皮膚科学会会員
日本美容皮膚科学会会員
日本抗加齢学会会員
日本熱傷学会会員
日本救急医学会会員
日本フォトダーマトロジー学会理事
AGAスキンクリニック レディース院 ドクター紹介

髪の健康診断のご予約はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

あわせて読みたいエイジングケア・育毛ケアの記事一覧